ご感想《遺伝子を変えたいほどの自己否定に気づいて》

ご感想《遺伝子を変えたいほどの自己否定に気づいて》

人間関係に深いお悩みを抱えているHさんから

ストレスクリアの感想をいただきました。

 

 

Hさんは、人付き合いが苦手で、どこに行っても仲間に入れてもらえない。

悪口を言われたり、嫌われてしまう。

そのため、会社を転々として、今はお仕事も出来ない。

 

という状況でした。

 

 

 

そのHさんがストレスクリアを受けたら、

凄い言葉の数々が。。。

 

 

 

いただいた感想をご紹介します。

 

 

ありのままの自分でいて、

嫌われたくないけれど嫌われてしまう。

という葛藤を扱ってもらいました。

 


そうしたら、遺伝子を変えたい、一族を消したいなど、
自分をなかったことにしたいという自己否定が出てきました。

 

こう書くと悲惨かもしれませんが、そんなことはありませんでした。

 


私、そんなこと思っていたの!
そりゃあ苦しいよね~、って思えて楽になりました。

 

 

今回は、統合の時には私の頭が働かなくなっていて、しっくり来るものが判断出来ませんでした。

 


でも大丈夫でした。
セッションで出てきた言葉は全部、悩みを解決するヒントになりました。

 

 

『ひょうひょうとしている人が好き』と出てきましたが、そういえば、昔はありのままの自分でいても周りのことなんか気にしてなかったな。

 


そういうところがいいって言ってくれた人がいたな、と思い出したり。

 

周りの評価を気にして、そう出来なくしていたのは自分だ!って気づいたり。

 

 

鳥屋尾さんも、指摘してくれます。


私の場合は、『突き抜ける事が人生で大切な事なのかも?それが嫌われる方向に突き抜けているのでは』


と言われたのが印象的でした。

 


じゃあ今まで嫌われるために使っていたエネルギーを何に使おう?!と思っています。

 

他の心理セラピーの時は、
私は、感情を出しているのをセラピストさんに見られるのが恥ずかしい、

アシスタントさんがいれば、どう思われるんだろう?と気になっていました。


私と同じようになってしまう方にもおすすめかもしれません。

 

 

引用ここまで。

Hさん、ありがとうございました。

 

 

 

一族を消したいほどの自己否定に気づいたら。

 

一族を消したい。

DNAを変えたい。

 

他にも凄いレベルの自己否定言葉がたくさん出てきました。

 

私も聞きながら、へーそんな事思ってるんだ~。

それは苦しいだろうなーと思っていましが、

まさかそれを言葉に出す事で楽になっていたとは!

 

正直、私も驚きです

 

 

これがストレスクリアの凄いところですね。

想いを言葉に載せる事で、感情の解放が起こる。 

 

 

それを目の当たりにさせていただいた

セッションでした

 

 

自分の奥底に封印している言葉。

これに気がつくだけで、世界が変わります。

一度ストレスクリアを体験してみてください。

 

 

テーマ

関連記事