少しずつ自分を解放出来ているようです。

少しずつ自分を解放出来ているようです。

ビリーフチェンジセラピーを体験してくださった
Sさんのご感想ですsmiley


Q1.ビリーフチェンジセラピーを受けようと思ったきっかけ

鳥屋尾さんのブログを見て、面白そうだと思ったから。
ビリーフチェンジセラピーという言葉自体、初めて聞いて、
どんなのかなー?と興味がわいたので。



Q2.セッションを受けてみてどう感じたか

誰かに誘導してもらうことで深く気付けて解放できて、とても良かった。
自分で書き出したりして、ある程度まで探ることはできるけれど、人の力を借りることの大切さを感じた。


これは、甘えられない・頼れないという私自身の意識とも
関わってくると思った。

鳥屋尾さんは落ち着いた声で話しやすかったです。

これからの変化にドキドキです。


そして、このメールから二週間後の感想です。

あれから、弱くてちっぽけな自分をもっと大事にしてあげようと思いまして、泣きたい時に泣くことをガマンしないでいます。

自分のことも、他の人のことも、言葉よりエネルギーを感じること、感情を感じるようにしています。

少しずつですが、自分を解放できているようにおもいます。

あの日、セラピーを受けられて良かったです!
 

 

****************************

Sさんは3児のお子様を持つ働くママ。


Sさんは長女で、昔から妹・弟の面倒を良く見られてこられたとの事。

誰かを頼ったり、泣いたりする事を自分に禁止していたんですね。


それで、一人で頑張りすぎてしまうところがあって、それが原因で色々と苦しい思いをしている事に気がつきました。


長男・長女が持つ傾向に多い「子どもであってはいけない」のビリーフを扱いました。
 


子どもの頃に、子どもらしい行動(甘えたり・我がままを言ったり)を禁じられた場合にこのビリーフを持ってしまいます。


このビリーフを外す事で、人を頼る事や泣いたり、時には我がままを言う事にも許可が下ります。
そうなる事で、周りもサポートがしやすくなりますよね!


きっと旦那様もSさんに頼ってもらって幸せ度がアップ
男性は女性に頼られる事で自分に自信が持てますから
甘え上手な女性は男性を幸せにします。


何でも一人で頑張りすぎてしまう女子は、たまには男性に頼ってあげてくださいね

頼ると罪悪感がして無理
って方は、是非「子どもであってはいけない」
のビリーフを外しにきてください。

 

 

 

テーマ

関連記事