その苦しみは本当にあなたの感情?

その苦しみは本当にあなたの感情?

こんにちは!
幸せに必要なのは自分を大切にする技術。
心理セラピストの鳥屋尾亜紀です。


感情を感じる事の大切さについて改めて。


私はずっと理系畑で育って来たのもあってか、
絶対的なしあわせって何?
と頭で正解を求めるところがありました。


何かを判断する時も、正しいか?間違っていないか?が判断基準。


ワクワクで生きよう!
と聞くと、毎日ワクワクして楽しくてしょうがない!


悩みが解決します!
と聞くと、毎日悩みがなくなって楽しくなる!

なんて状態を期待して、色んなセミナーに出たり、セラピーを受けたりしてきました。


でもある日、私はマイナスな感情を感じない方法を探していたことに気がつきました。


自由に生きて、自分の人生を満喫している人を色々と観察してみると、

それはそれでその人のレベルで悩んでいるんですよね。


そうか!悩みがあってもいいんだ!
憂鬱な気持ちになってもいいんだ!


と思えた瞬間、とっても楽になりました。

 


自分の感情ってお天気のようなもの。

雨の日もあれば晴れの日もある。
晴れの日ばっかり求めるから、苦しくなる。

自分がコントロール出来ない事を コントロールしようとするから苦しくなる。

感情はコントロールするものではなく、味わい感じるものなんだ。


憂鬱な日はそれはそれで、あっても良い。
って受け入れてしまったら、 苦しくなくなりました。

感情はちゃんと感じたら、長続きはしません。
 


今、辛くて苦しくて悩んでいる方。


感情、ちゃんと感じていますか?

こんなに苦しいのを感じてるよ!
って言いながら頭でグルグル考えていませんか?


ネガティブな感情を感じないように、と頭で答えを探そうとすると、

そこから抜け出せなくなって 益々辛くなってしまいますよ。


でも現代人は感情を感じる事と、嫌な気持ちの中でグルグル答えを探す事の
区別がつかない方が多い。
 

 


自分はどっちなんだろう?って方に感情を感じていない人の特徴です。

 

●どんな気持ち?と聞かれると目が上を向く(頭にアクセスしている)

●いっつも頭の中でグルグルおしゃべりしている

●周囲の出来事に対していつも第三者的立場で客観視している

●異常に辛い物が好き。

●過食・拒食

●自分のやりたい事が分からない

●自分の楽しい事が分からない

●過剰な刺激を求めてしまう

●食事を食べながらテレビやネットをしてしまう

 


当てはまる項目はありましたか?
ちなみに、ビリーフチェンジセラピーを受けると辛い物が苦手になったり、味覚が変わる事があります。



感情を感じる。
現代人にはは練習が必要なのです。
だってずっと感情ではなく理性を働かせて生きて来たものね。


でも嫌な感情を感じないように、感じることを拒否していると同時に楽しい感情や嬉しい感情も感じられません。


そうすると、自分が何をしたいのか分からなくってモチベーションもあがらない、成果も出ない。
ますます楽しくない。って悪循環に陥ります。


感情を感じるのってどう言う事か分からなかったり、感情を感じる事が怖い、って思うなら、

是非、おもいっきり感情を出させてくれる人のところに行ってみてください。


私たち心理セラピストもその一人です。


本当の感情は、ちゃんと感じてしまえば、引きずらないんです。
練習を積み重ねていけば、嫌な感情もちゃんと感じて、一瞬でおしまい。
って出来る様になりますよ!

 

 

 

 

テーマ

関連記事